ホーム > あきたまちなかミュージアム

写真家・浅田政志 と 編集者Re:s 藤本智士の写真ワークショップ


ユニークな家族写真で人気の写真家・浅田政志さんと、
「Re:s」や「ニッポンの嵐」を手掛ける編集者・藤本智士さんによる、
ワークショップが開催されます!

秋田市中心市街地を散策し子供たちが未来へ残したい風景を撮影。
その写真に親子で刺繍やシールでコラージュ。
メッセージを添えて、一つの作品を作り上げます。

今年の夏休みは、
親子で世界中を探しまわってもどこにもない
究極の未来写真をつくりませんか?

【日時】
(1)7月27日(金)10:00 – 17:00 「撮影 と おはなしの日」
(2)8月 1日(水)13:30 – 16:00 「写真をえらぶ、文をかく」
(3)8月26日(日)13:30 – 16:00 「どこにもない1枚の写真をつくる日」

【先生】
<写真> 浅田政志(写真家)
<言葉> 藤本智士(編集者)

【内容】
7/27(金)
子供たちとお母さんが一緒に秋田市中心市街地に出かけて、大好きな風景をみつけて撮影します。撮影から帰ってきたら、浅田政志氏が子供たちの写真を撮ります。撮影の間は藤本智士氏がお母さんに写真のお話をします。

8/1(水)
1回目で撮影した写真をL版でプリントしお渡しして、好きな写真を選んでいただきます。風景と子供の写真をそれぞれ選び、そのあと、究極の1枚に仕上げる究極の方法を浅田政志氏と藤本智士氏が伝授します。

<写真の技> お母さんたちに浅田氏が写真のレクチャー。 写真コラージュの極意を伝授します。
<言葉の技> 子供たちに藤本氏が文章のレクチャー。夢や思いを言葉にする極意を伝授します。
*8/1~26までの間にコラージュの案を考えてきていただきます。

8/26(日)
写真を大きく引き延ばしてお渡しします。コラージュの本番を行い、親子で一緒に作り込みます。最後に複写して作品として完成です。

【会場】
明徳館ビル2F カレッジプラザ講堂(010-0001 秋田県秋田市中通2丁目1-51)

【参加料】
1,000円

【参加の条件】
・10歳(小学3年生・4年生)のお子様との親子ペア(ご両親そろっても、そろわなくてもOKです)
・原則的に全日程ご参加いただける方。
・定員は30組です。

【作家プロフィール】
〈写真家〉浅田政志(あさだまさし)
1979年、三重県生まれ。日本写真映像専門学校在学中より自身を含めた家族が被写体となり、家族写真を撮り始める。その作品を納めた写真集『浅田家』(赤々舎刊)が第34回木村伊兵衛写真賞を受賞。
また、『みんな家族』の企画では全国の家族のもとを訪れ、家族の現状を丁寧に話し合いながら1枚の家族写真を撮影している。国内外で個展、グループ展を精力的に開催。主な展示は『「浅田家」〜あなたもシャッター押してみて』(共に2009年:渋谷パルコファクトリー、名古屋パルコファクトリー)、『Tsu Family Land 浅田政志写真展』(2010年:三重県立美術館)『八戸レビュウ』(2011年:八戸市内ポータルミュージアムはっち)。『アルバムエキスポニッポン』(2011年:大阪 HEP HALL)。
著書には『NEW LIFE』(赤々舎刊)、『家族新聞』(幻冬舎刊)、『八戸レビュウ』(美術出版社刊)などがある。
HP http://www.asadamasashi.com/

〈編集者〉藤本智士(ふじもとさとし)
1974年、兵庫県生まれ。
雑誌『Re:S』編集長のほか、様々な書籍の編集を手がける。最近では、ジャニーズ事務所の人気グループ嵐による『ニッポンの嵐』の編集、原稿執筆を手がけ話題に。その他、デジタル時代にアルバムの大切さを伝えるべく開催した『ALBUM EXPO』の企画プロデュースなど、様々な展覧会をプロデュースする。2012年には自著『ほんとうのニッポンに出会う旅』(リトルモア刊)発売。
HP http://re-s.jp/

【お申し込み/お問い合わせ】
あきたアートプロジェクト事務局(ココラボラトリー内)
010-0921 秋田市大町3丁目1-12 川反中央ビル1F
TEL&FAX 018-866-1559 MAIL machi-muse@akita-art-project.net

>>フライヤー(PDF)