ホーム > あきたまちなかミュージアム, プロジェクションマッピング2012

秋田幻燈夜~イマジナル・マッピング・ナイト~


「秋田幻燈夜(あきたげんとうや)~イマジナル・マッピング・ナイト~」日時: 10月17日(水)~20日(土)18:00~20:30
会場: 新秋田県立美術館

 プロジェクションマッピングとは、建造物や自然物等の立体物へ、高輝度のプロジェクターを使って映像を投影する最新のアート表現手法です。

 映像は、投影される対象物の大きさや形状を3DCGで立体的に再現したものを元に作られます。そのため、錯覚の効果を使い投影された立体物が変形したり、本来あるはずのないものが突然出現したりなど、仮想と現実が入り混じった不思議な映像体験を演出することが可能です。

 今回の新秋田県立美術館へのプロジェクションマッピングイベント「秋田幻燈夜(あきたげんとうや) ~イマジナル・マッピング・ナイト~」では、新しい新県立美術館外壁のお堀側、2階・3階の部分(約縦9m、約横50m)を屋外スクリーンとし、秋田をテーマにした東北最大規模の巨大な映像が投影されます。

 映像は、秋田市のCG制作プロダクション株式会社ゼロニウムと、秋田県立仁賀保高校で3DCGを学習している情報メディア科の生徒30名、映像の楽曲は音楽プロデューサーとして活躍する仙北市出身の菅原弘明さんとha-j(はーじぇい)さんが担当します。

 秋の夜、新秋田県立美術館で行われる不思議な映像体験を、どうぞお楽しみに!

秋田県立仁賀保高等学校 情報メディア科3年生のCG素材制作風景です。
  

悩みながらも、いちからデザインを考え頑張っています。
これら生徒作品がどのようにプロジェクションマッピングの映像に登場するのでしょうか。
ぜひお楽しみに!

仁賀保高校