ホーム > 池田修三展『プロフィル profile』

池田修三展『プロフィル profile』

特別展示『勝平得之と池田修三』

gazou-1v

修三さんは数冊の日記を残しています。


「この残った三冊の日記、焼きすてようとは思ったが、強いて残した。後に自分の歩みをふりかへるために」

はたして修三さんに自らを振り返る時などあったんだろうか? そう思わざるを得ないほどに多作な修三さんは、生涯を自身の芸術に捧げました。修三さんのすべての日々が、木版画に向かっていることが克明に記されたそれらの日記は、修三作品自体が修三さんそのものであることを教えてくれました。





「これらの作品は、そのときどきの私の自画像です」


そうはっきりと語る修三さん自身の姿を、生活を、思想を、折々の言葉と作品から感じて貰うべく、本展タイトルを『プロフィル profile』としました。





「この北の国に生れ育ち、長い間閉じこめられた雪の中の生活」


そこからまっすぐ立ち上がるポールと、その先にはためく青く切なく美しい旗のごとき修三作品は、秋田の誇りであり、ニッポンの誇りなのだと、本展を持って感じていただけることを願っています。

また、それらの日記からも垣間見ることができる、偉大なる先輩、勝平得之との交流なども、別会場にて展示いたします。

【開催日時】 2015年9月19日(土)~10月12日(月・祝)

         ※県立美術館休館に伴い9/30~10/2の間は休館


【開催場所】 秋田県立美術館 1階 県民ギャラリー
         サテライト会場|秋田市立赤れんが郷土館